現地コラム

COLUMN

西表島10月

2020-10-18 12:14

みなさんこんにちは!

西表島の10月はまだまだ暑くマリンアクティビティ体験もできます。10月といえば台風が起きるのではないかと思われがちですが、実は西表島の台風のピークは8月なんです。風が強くなったり降雨量を多くなることはありますが台風に関する心配はないといえるでしょう。むしろ、観光客も減り旅費も下がることから年内随一の穴場シーズンともいえます。

本記事では西表島の10月についてご紹介いたします。

気候

①気温

下の表をご覧ください。

前月と比べても2度ほど気温の減少がありますが、平均気温は25度を超えておりまだまだあたたかい気候が続きます。

低くても23度であり、気温が下がる夜間や早朝であっても半袖半ズボンで十分に過ごすことができます。

・西表島の9月の気温

最低気温:24.8度

最高気温:30.1度

平均気温:27.3度

・西表島の10月の気温

最低気温:23.0度

最高気温:27.6度

平均気温:25.1度

(気象庁から引用)

②降水量

下の表をご覧ください。

降雨量は9月と比べて減少します。9月は10月と比べても台風やスコールの頻度が高いためでしょう。ただし、前月比較で減少しているといえど、年間を通して西表島の10月の降雨量は多い部類になります。そのため、事前の雨天対策をしておく必要があります。

・9月の西表島の月間降雨量

267.7mm

・10月の西表島の月間降雨量

209.1mm

(気象庁から引用)

③風向・風速

下の表をご覧ください。

西表島の10月は台風の頻度は少ないといえど発生することはあります。加えて、沖縄の冬季の特徴である北風と天候が崩れがちな特徴が顕著になります。風速もとても強くなるので十分な注意が必要です。夜のマリンアクティビティを体験する際には、濡れた肌に強い風があたるとても体温を奪われることになります。ラッシュガードやウエットスーツを着るなどして寒さ対策をするのもいいでしょう。

・9月の西表島の風速

平均風速:4.1m/s

・10月の西表島の風速

平均風速:5.6m/s

(気象庁から引用)

④日照時間

下の表をご覧ください。

この時期から急激に日照時間が減少することになります。

前月比較で50時間も少なくなることがわかります。西表島の10月を機に徐々に日照時間が減り、冬場には100時間を切ることもあります。

・9月の西表島の日照時間

198.7h

・10月の西表島の日照時間

146.0h

(気象庁から引用)

10月の服装

上でご紹介した通り、基本的には半袖半ズボンで過ごすことにできる気候です。ただし、風がとても強いので夜間のアクティビティ時にはラッシュガードやウエットスーツを着るほうが良いでしょう。

夜間や早朝などの気温が最も低くなる時間帯でも基本的には半袖半ズボンで過ごせます。ただし、強風が起こる日については羽織を一枚着ておくと肌寒さをぬぐうことができるでしょう。

混雑状況

ホットシーズンを過ぎたことに加えて、風が強く降雨量も多いため混雑することはほとんどありません。天気の良いはまだまだ暖かくて過ごしやすい日になります。そのため、天候情報をしっかり確認していけば旅費も安く抑えることができて、観光客の少ない自由度の高い旅を満喫できる穴場シーズンなんです。

利用可能なアクティビティ

①カヌーツアー

カヌー

一番初めに紹介するのはカヌーツアーです。

西表島のアクティビティの中でも人気なのがカヌーです!海の中をゆったりと波を感じるのも気持ちいですが、西表島カヌーの最大の魅力はマングローブ林に囲まれながら亜熱帯の川を前進していける点です。

そうなんです!西表島にはマングローブに囲まれたジャングルがあるんです。さすが東洋のガラパゴスですね。

浦内川

西表島は90%がマングローブ林おおわれている島であり、多くのカヌークルージングスポットがあります。浦内川や仲間川が多くのマングローブが群生してとり、フィールドとしても多く利用されます。

仲間川

カヌークルージングで特に人気なのが、幸運の滝「クーラの滝」に向かうクルージングと県内最大の落差56mを誇るピナイサーラの滝へのクルージングです。

クーラの滝

どちらも写真映えするスポットで自然の偉大さを感じさせられるようなスポットとなっています。他にも夏季限定で開催されるサガリバナ鑑賞カヌーツアーなどがあります。

ピナイサーラの滝

サガリバナは一夜に咲き一夜に散る儚く幻のような花です。亜熱帯気候に現生する鮮やかな色合いに加えてバニラのような香りがする魅力高い花です。

サガリバナについてはこちらかぜひチェックしてみて下さいね!

②SUP

SUP

SUPはご存知の方も多いかもしれませんね。最近ではSNSにも多く取り上げられるようになった新感覚マリンアクティビティです。シルエットの美しさや西表島の美しい海で行うことでとても写真映えするスポーツなので、よく有名人なども利用していますね。

そんなSUPですが、西表島には早朝のサンライズ、日中、サンセットと時間帯によってもいろんな楽しみ方ができます。

また、ジャングルクルージングをSUPで行うこともできるので、海でSUPをしたことがあるという方であっても新感覚の体験を味わうことができます!m地鶏に囲まれながらのSUP最高に癒されますよ。

③鍾乳洞ケイビング

鍾乳洞

最後にご紹介するのは鍾乳洞ケイビングです!西表島のマングローブが広がるジャングルの中には、鍾乳洞が3つ連なってあるスポットがあります。それぞれは大小さまざまな鍾乳洞あり、体をくねらせたり、登ったりと全身を使って進んでいきます。ゲームの世界に入ったような非日常体験ができます。まさにケイビング探検です!

さいごに

西表島の10月についてご紹介いたしました。いかがだったでしょうか。

本土の10月とは異なり、まだまだあたたかい気候が続くことがわかりましたね。気温の面では暖かい温暖な気候ですが、その反面、雨風が強くなるシーズンであることもわかりました。そのため、雨具の用意は必須であり、風の強い日には羽織ものやアクティビティ時にはラッシュガードの着用などその場その場に応じた服装をするようにしましょう。

客足も減り旅費がホットシーズンと比べて低くなるシーズンなので、気象情報をだけしっかり確認すれば穴場シーズンなので、西表島訪れる際には、ぜひ西表島の10月を検討してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。