現地コラム

COLUMN

西表島の1月の過ごし方

2020-10-18 04:24
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさんこんにちは!

 

無性に南国に行きたくなるときってありますよね。

 

特に冬の寒さには耐えられない。

そんな時は国内最南端部に位置する八重山諸島。

そんな西表島を訪れてみてはいかがでしょう。

 

 

国内最南端の亜熱帯地域の西表島。

 

本当に1月はあたたかいの?

 

と疑問に持たれる方もいるのではないでしょうか。

 

本記事では1月の西表島についてご紹介いたします。

 

 

気候

 

①気温

下の表ご覧ください。

 

確かに1月は12月に比べると1度ほどは気温が下がりますが、本州の東京と比べると段違いで暖かいです。

東京の1月の平均気温はおよそ7度です。

11度も暖かいんですね

 

ただし油断はできません。

後述しますが、それは風が関係しています。

とはいえ、本州ほどの寒気団が流れ込んではきませんし、黒潮の影響もあり、東京の6月程度の暖かはありますので安心してください。

 

一月半ばになると、桜の木がつぼみを結び始め、春の足音を感じることができます。

 

・西表島の12月の気温

最低気温:17.7度

最高気温:22.1度

平均気温:19.5度

 

・西表島の1月の気温

最低気温:16.3度

最高気温:20.4度

平均気温:18.3度

 

 

②降水量

下の表をご覧ください。

 

冬季は、基本的に安定して雨が降っていますので、湿度は基本的に高くなっています。

12月よりは雨が降る日は多いですが、年間を通してみてみると12月から2月の期間は降水量が少なく観光に適していると言えます。

 

・12月の西表島の月間降雨量

153.1mm

・1月の西表島の月間降雨量

168.9㎜

 

③風向・風速

下の表をご覧ください。

 

西表島が洋上にポツンとある孤島です。

西表島は大きな山がありませんので、防風ができません。

 

また風速が1m/s増すごとに体感温度は約1℃ずつ低くなると言われています。

海の近くですと北からの風が強く吹き込み、想像以上に肌寒く感じることになります。

 

風が直接当たると西表島といえども急激に寒く感じるので、常夏と言われる西表島旅行でもしっかりとした冬支度が必要です。

とはいえ、晴れればダイビングなど泳げるくらいに暑いので、重ね着ができるようなファッションで上手に調節してください。

 

・12月の西表島の風速

平均風速:5.0m/s

・1月の西表島の風速

平均風速:4.8m/s

 

 

④日照時間

下の表をご覧下さい。

 

12月は冬至があり日照時間の総量自体が低かったのですが、1月になると徐々に日の時間が長くなります。

その結果、日照時間が1時間ほど長くなっております。

 

また冬季は南国の島としては珍しく大気が安定しており、雨の日が少ないので1月で1時間もの日照時間の伸びになっています。

 

・12月の西表島の日照時間

74.5h

・1月の西表島の日照時間

75.4h

 

 

1月の服装

 

どんなに西表島が暖かいと言っても、平均気温が18度と20度を下回る日が続きます。

ですので、半袖半ズボンというわけにはいきません。

 

薄手の長袖長ズボンがベストでしょう。

 

また海辺へ向かおうと思っている方は、北風があることを考慮すれば、体感温度は実際の表示温度よりも肌寒く感じられますので、ウインドブレーカーや薄手の防寒ジャケット、パーカーなどの秋物の装い程度はあるといいでしょう。

 

北風が緩む日や陽射しが降り注ぐ日もあります。

そうなれば、防寒着は邪魔になるので、半袖半パンなどの夏の装いも準備しておくと良いでしょう。

暖かそうな日は半袖半パンに引っ掛ける一枚を着ておくと快適に過ごせます。

 

実際にそのような日も少なくありません。50:50くらいだと思ってください。

 

イベント

 

1月は何といってもお正月です。

 

沖縄の特に西表島を含む八重山地方のかたは非常に先祖を大切にされます。

 

イベントとしても十六日と言われるお墓参りは、重要視されています。

このタイミングに合わせて帰省する方もいるほどです。

 

その他には、西表島ではないのですが、お隣の石垣島で石垣島マラソンが行われます。

西表島に向かうには石垣島を経由しなければならないので、石垣島行きの飛行機のチケットが取れないなんてこともあるかもしれません。

このようなイベントにも注視したいですね。お

 

時間がある方は、一般参加もできるマラソン大会ですので、参加してみてはいかがでしょうか。

 

 

混雑状況

 

混雑状況は年始と、十六日あたりは帰省の島民の方が多く訪れます。

 

それ以外の日ですと比較的混雑はしていません。

オフシーズンですしね。

 

特に石垣島でマラソン大会のある日は、旅行客は石垣島に行きますので、西表島はお客様の人数が少なくアクティビィを満喫できることでしょう。

 

ツアーに参加する人は特に他の観光客の方が少ない日のほうがガイドさんがマンツーマンで指導してくれたり、人数が多いと普段行くことのできないところへこっそり案内してくれることもあるかも……

 

利用可能なアクティビティ

①グラスボート

西表島で体験できるアクティビティで、冬だからこそ満喫できるグラスボート

 

底が透けたボートに乗って、サンゴ礁や魚などを観察することが出来ます。

 

水面を覗き込むと、300種以上のカラフルサンゴと100種類を超える熱帯魚が暮らす海中世界を見るができます。

 

②クラフトづくり

比較的安定している冬季の西表島とはいえ、大雨でツアーのアクティビティが出来ない!

なんてこともあり得ます。

 

そんなときは、室内体験できるクラフト体験はいかがでしょう。

 

沖縄の伝統工芸の『八重山みんさー』『月桃染め』などが体験できます。雨でも楽しめるアクティビィを旅行プランに混ぜておくと良いでしょう。

 

 

③シュノーケリング・ダイビング

シュノーケリング
 

<シュノーケリング・ダイビングの写真>

 

沖縄と言えばシュノーケリング・ダイビングですよね。

 

フシーズンだから無理なんじゃないの?と思ってる方も多いことでしょう。

そんなことはないんです!

 

冬だからこそ体験できるコースや景色を見ることができます。

 

特に冬季は台風がないので海水内の濁度が非常に低くなります。

つまり透明度高いということです。

年間を通しても最も透き通っている時期と言えます。

 

そしてなんといっても水温です。

 

前述の通り西表島は平均温度18度くらいで、風が強いから体感温度が下がると言いましたが、水温はなんと23度

外温より暖かいのです。

 

これは黒潮の影響のおかげでもっと南方の海水が流れ込んできているためです。とはいえダイビングやシュノーケリングから上がったら寒いので、ウェットスーツをきちんと着用し、濡れたままでいなければそこまで寒くは感じないはずです。

 

④天体観測

星空

 

西表島はジャングルの近くにありますので、空気がキレイです。

夏だと天の川がくっきりと見えるほどです。

 

冬季の西表島は更に空気が澄んで綺麗なので、遠くの星々を見ることが出来ます。

 

ツアーに参加することでガイドさんに秘密の場所へ連れて行ってもらい、国内で初めて認定された星空保護区の西表島で、国内ではほとんど見ることが出来ない南十字星をみてみてはいかがでしょう。

 

さいごに

西表島の1月についてご紹介いたしました。

 

いかがだったでしょうか。

 

1月の西表島は天候も安定しており、比較的暖かいです。

 

天体観測は、オンシーズンの夏では見ることもできない南十字星が見られたり、ダイビング・シュノーケリングでは海の中が、年間で最もクリアで透き通って見える時期のため海の中を一望できたりと、オンシーズンでは体験することのできない別の顔を見ることが出来ます。

 

1月の西表島に避寒旅行してみてはいかがでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加