現地コラム

COLUMN

イリオモテヤマネコ

2020-10-20 02:16

みなさんこんにちは!

イリオモテヤマネコという猫をご存知でしょうか。名前くらいは聞いたことある人が多いのではないでしょうか。イリオモテヤマネコはその名の通り、西表島に生息するネコです。見た目はベンガルネコのようなカッコ可愛いですが、絶滅危惧種として指定されており、とても希少な生き物なんです。

いまや、西表島の顔ともなっているイリオモテヤマネコですが年々数は減少しているといわれています。なので、見つけた時にはそっと見守ってあげることが必要ですね。

本記事では、そんな西表島のシンボル『イリオモテヤマネコ』についてご紹介いたします。

イリオモテヤマネコとは

イリオモテヤマネコの剥製

イリオモテヤマネコは、ネコ科ベンガルヤマネコ属に分類されるベンガルヤマネコの亜種です。そのため、見た目がベンガルネコに少し似ていますね。

約24万年前から2万年前の期間に、大陸から琉球諸島へ渡っていまも尚生息しているといわれています。1965年に西表島で発見され、国の特別天然記念物、国内希少野生動植物種に指定されており、現在では西表島の固有種として知られています。

西表島ではイリオモテヤマネコのグッズを作ったり、猫飛び出し注意などの看板があるなどイリオモテヤマネコは島民から愛されています。現地の方言で「ヤママヤーやヤマピカリャー、メーピスカリャーなどという呼称で親しまれています。

イリオモテヤマネコの特徴

イリオモテヤマネコの体長は50cm〜60センチ、体重は3〜5kmと、一般的な飼い猫とほとんど変わりません。

小さくて丸い耳を有しており額には縦方向に縞模様があり、目の周りは白く隈取りされたようになっているため目付きが悪く見えます。 体はマンチカンのように胴長短足なのが特徴的です。
目付きが悪くワイルドな面がある一方で、丸くて小さい耳に胴長短足とはギャップ萌え必至ですね!

イリオモテヤマネコの生態

イリオモテヤマネコは夜行性であり、日中は基本的にはジャングルの木陰や岩穴などで寝ていることが多いです。

イリオモテヤマネコは基本的にジャングルの木陰や岩陰でゆったりとしているとご紹介しましたが、行動範囲は狭いものの山麓から海岸にかけての低地部分の範囲まで生息しています。西表島の低地には河川や沢があり水も豊かのため、飲み水としても利用しているのでしょう。

森

猫といえばネズミやお魚を捕まえて食べているイメージですが、イリオモテヤマネコはイメージする猫たちの食性とは異なり、雑食性でありネズミや魚だけでなくヘビやカエル、カニと多種多様な生物を餌としています。

元来、西表島は小さな離島であるため、西表島固有の小型の哺乳類は少ないです。そんな捕食対象が少ない環境で生き抜くには、雑食性で様々な生き物を食べることができるように順応しなくてはならなかったのでしょう。ただし、この雑食性が原因でイリオモテヤマネコは体臭が強いことが知られます。生き抜くために究極の選択を強いられたわけですね笑

猫を飼われている方だとご存知かもしれませんが、多くの猫は水を嫌うことで有名ですね。一方、イリオモテヤマネコは水に苦手意識がなく、寧ろ泳ぎは大得意です!

川に飛び込んだり、潜水したりと魚や鳥を捕らえます。まさに猫版ターザンですね。

限られた環境の中でたくましく生き残ったのがイリオモテヤマネコというわけです。

絶滅危惧種?

イリオモテヤマネコの剥製

そんなターザンばりのたくましさを誇るイリオモテヤマネコですが、実は絶滅危惧種として指定されているんです!

国内希少野生動植物種は日本で生息する種の中で絶滅の恐れがあるものに対し指定されています。その国内希少野生動植物種に、1994年にイリオモテヤマネコも指定されました。

イリオモテヤマネコの生息数は年々減少しているといわれており、現在では約100匹と推定されています。今後と言う絶滅の可能性がとても高い動物であることがわかります。

イリオモテヤマネコが減った原因

それでは、なぜあんなにたくましかったイリオモテヤマネコが減少してしまったのでしょうか。

その原因としてあげられるのが下記の4点です。

①開発に伴い生息地の減少

森

西表島は90%が未開拓の地といわれるように手付かずのままの環境が多くを現存しているのは事実です。ですが一方で、観光地として宿泊施設や商業施設の建造に開発が進められているのも事実ですまた、道路改修や大規模な農地造成などにより自然を少しずつ失っていきました。結果として、イリオモテヤマネコが好む森林や海岸沿いの通りなども舗装が進み、生息地としては適していない環境になっていっているようです。

②交通事故

現在、イリオモテヤマネコの生存数減少として、最も深刻にとらえられている問こそが交通事故です。観光客が多くなったことにより、西表島の交通網はかなり混雑するようになりました。夜中のドライブも増加し、イリオモテヤマネコを轢いてしまう事故も頻発するようになりました。

1978年〜2018年の間でイリオモテヤマネコに関する交通事故は83件確認されています。

交通事故が多発する原因としてよくあげられるのは、西表島の唯一ある幹線道路がイリオモテヤマネコの生息地に近い点です。

イリオモテヤマネコにとってこの幹線道路も行動圏内であるため、そこを横切っていることがしばしあり事故に遭遇してしまいます。また、イリオモテヤマネコの発情期である冬季には雄猫や若いネコたちが活動的になるため、これまた幹線道への飛び出しにより事故が多発します。

あまりにも事故件数が多く、種の保全ができないようになってきたため、環境省や沖縄県によりイリオモテヤマネコの飛び出し注意を促す道路標識や動物用トンネル、ゼブラゾーンの設置などが積極的に行われています。

イリオモテヤマネコの標識

外来生物

外来生物によるイリオモテヤマネコの死亡例もあります。

イリオモテヤマネコが外来生物に食べられるというよりは、イリオモテヤマネコがその外来生物を捕食して毒化することにより死亡するケースが多いです。外来生物の一つとしてオオヒキガエルがあります。

害虫駆除を目的として石垣島に導入された中南米原産の大型のカエルであり、オオヒキガエルは西表島に分布しています。オオヒキガエルは高い繁殖能力を持ち雑食であることから害虫駆除に持って来いとということで導入されました。ですが、小動物などを無差別にに捕食することから西表島の生態系を崩す恐れがあります。

多くの小動物の捕食者であるオオヒキガエルはイリオモテヤマネコにとっては餌となります。ただ、このオオヒキガエルは耳腺から毒性の強い液体を分泌することが知られており、これを捕食したイリオモテヤマネコは死亡する恐れがあります。西表島では石垣島ほどオオヒキガエルは定着はしていませんが、繁殖能力の高さから定着するのも時間の問題のなので早々の手立てを考える必要があります。

④FIV

飼い猫などでも懸念されるFIV(ネコ免疫不全ウイルス感染症)、通称猫エイズによるイリオモテヤマネコの死亡も問題視されています。実際にFIVでイリオモテヤマネコが死亡した例はありませんが、西表島での飼い猫から検出され死亡した例は報告があります。そのため、イリオモテヤマネコはワクチン接種しているわけではないので家ネコとの接触があると今後FIVの感染も十分に危惧しておくべきでしょう。

イリオモテヤマネコが生息地

森

上でも紹介しましたがイリオモテヤマネコは基本的には森の中で過ごしており、行動範囲は海岸沿いの小道なども入ります。

ただし、基本的に夜行性であり注意深い性格のため森の中を歩いて探して回っても出会えることはほどんどありません。仮に近くに潜んでいたとしても、耳と鼻がとても優れているため遭遇する前に逃げてしまうでしょう。

出会うことが出来たらラッキー程度に考えておくとよいです。もしも遭遇しても遠くから観察する程度にしておき、触ったり刺激するようなことは決してやらないようしましょう。

イリオモテヤマネコが観察されるスポットは下記をご覧ください。

https://iwcc.jp/iriomotecat/map/

さいごに

イリオモテヤマネコについてご紹介いたしました。いかがだったでしょうか。

西表島のシンボルであるイリオモテヤマネコは強面の顔に似合わず胴長短足となんとも愛らしいフォルムをしていましたね。そんなかわいいイリオモテヤマネコですが、絶滅危惧種にも指定されているため、もし遭遇しても遠くから見守ってそっとしておいてあげましょう。イリオモテヤマネコをみんなで守りましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。