現地コラム

COLUMN

西表島12月

2020-10-18 12:15

12月と言えばクリスマスに冬休み。大晦日とイベントが目白押し。月の後半はゆっくりと時間が取れ、どこかに遊びに行こうと考える人もいらっしゃるかと思います。

そんな年の瀬の冬の行楽に西表島を訪れてみてはいかがでしょう。

オフシーズンの西表島だからこそ見ることが出来る風景や、オンシーズンでは体験することが難しい、ゆったりとした南国を堪能できるはずです。

本記事では12月の西表島についてご紹介いたします。

目次

気候

①気温

下の表をご覧ください。

12月は西表島といえども少しずつ寒くなってきます。

ですが平均で20度程度と日本本土に比べると大分暖かいですね。月の上旬は半袖、半ズボンでも大丈夫なほど暖かくなりますが、下旬のクリスマスの時期に西表島を訪れると南国の割には寒いのかなと感じるかもしれません。特に下旬に気を付けなければならないのは夜です。西表島は南十字星が国内で見ることが出来る数少ないスポットですので、星見に行く人もいるでしょうが、その時南国の装いで出かけてしまうときっと後悔するでしょう。

ただ本島の感覚で訪れると冬なのにこんなに暖かいのかとあべこべになってしまいそうですね。

・西表島の11月の気温

最低気温:20.5度

最高気温:25.0度

平均気温:22.7度

・西表島の12月の気温

最低気温:17.7度

最高気温:22.1度

平均気温:19.5度

(気象庁から引用)

②降水量

下の表をご覧ください。

沖縄の雨といえばスコールのような突発の雨が思い浮かびますね。しかし、12月は基本的に年間を通して最も降水量が少ない月です。亜熱帯の雨の洗礼を受けることは難しいでしょう。雨の日が少ないので天候に左右されることが少なく、予定通りにアクティビティを楽しむことが出来るでしょう。ただ島の天気は変わりやすいので、朝は晴れているから傘はいらないと思っても途中で降りだすこともあるので、折り畳み傘があると便利ですね。

・11月の西表島の月間降雨量

221.2mm

・12月の西表島の月間降雨量

153.1mm

(気象庁から引用)

③風向・風速

12月は十一月とほぼ同じ平均5m/sの強さで風が吹きます。

しかし、十一月よりは気温が下がっており体感温度はもっと寒く感じることでしょう。風も北東から吹き付けるため南風のような心地良い風ではないです。薄着で直接風を受けると寒いでしょう。西表島は風除けがなく、常時海からの強風に晒されるので、気温より風の強さを基準に天気予報を確認しましょう。

・11月の西表島の風速

平均風速:5.0m/s

・12月の西表島の風速

平均風速:5.0m/s

(気象庁から引用)

④日照時間

下の表をご覧ください。

12月は冬至があるということもあり、日照時間がかなり短くなってきます。年間で最も短い月の一つです。日の出の時刻が7時代とかなり遅いので、日の出ツアーに参加を考えている方は参加しやすいです。また、20時間も日照時間が減るのは曇りがちになるためでもあります。12月になると北から気団が近寄ってくるため、雲が発生しやすく曇り空になることが増えます。雨こそ降りませんが肌に差すような日差しを受けることは少なくなります。しかし、紫外線量は多いので、気になる人は紫外線クリームを塗って予防はしましょう。

・11月の西表島の日照時間

93.4h

・12月の西表島の日照時間

75.4h

(気象庁から引用)

12月の服装

12月の西表島での服装は防風対策をしたものにしましょう。風向・風速のところで少し触れましたが、12月の西表島は非常に風が強いです。元々風が強い島ですが、気団が近づくため等圧線も幅が狭くなり、強風が吹くことも多々あります。

上旬はまだ暖かく、ダイビングやシュノーケリングを楽しむ方も多いです。半袖半ズボンにサンダルその上に一枚パーカーなどを羽織るといった方もチラホラと見かけます。

クリスマス、大晦日などの下旬は北風が強くなり、肌寒く感じるでしょう。そのため、ウインドブレーカーやパーカーなどの防風ができる服が一枚あると安心できます。

西表島の12月のイベント

12月の八重山諸島は文化祭のようなイベントが多いです。八重山諸島の児童たちが集まって音楽発表会を行ったり、吹奏楽部の演奏会があったり、お年寄りたちが芸能大会を行ったりと、まるで本島の秋のような気候もあり、八重山の文化に触れることが出来ます。西表島でも西表島人(しまぴとぅ)文化祭という文化祭が行われます。島内の工芸品が展示販売されています。物産展があり西表島の食文化に舌鼓を打つことが出来ます。夜には舞台で三線やエイサーなどの南国の雰囲気を味わうことが出来るでしょう。

混雑状況

オフシーズンの中ではダントツで多いです。冬休みがあるので旅行しやすいことと、クリスマスもあるので、カップルや家族連れのお客様が大勢訪れます。また海のアクテビティもこの時期はまだ体験できるので、冬でも海に潜りたいダイバーも訪れます。

利用可能なアクティビティ

①グラスボート

グラスボートは船底がガラス状で透き通ているため、海入らずとも海中の観察ができます。西表島で体験できるアクティビティで冬だからこそ満喫できるのがこのグラスボートです!

そこが透けたボートに乗ってサンゴ礁や魚などを観察することが出来ます。水にぬれることなくマリンアクティビティを楽しめるグラスボート。濡れると寒いからダイビングやシュノーケリングはやりたくないけど、海で遊びたいというかたや、ダイビングが出来ない小さなお子様連れの方などにはおすすめのツアーです

船底を覗き込むと、色鮮やかなサンゴとカラフルな熱帯魚が躍るように泳いでいる海中世界を見ることができます。

②クラフトづくり

比較的安定している冬季の西表島ですが、雨でツアーが出来ないこともあり得ます。そんなときは室内体験できるクラフト体験はいかがでしょう。沖縄の伝統工芸の八重山みんさーや月桃染めなどが体験できます。雨でも楽しめるアクティビティを一つ旅行プランに混ぜておきましょう。

おすすめのクラフトづくり体験できるのはクラフト&アートの店 マツリカ!

■基本情報

店名 クラフト&アートの店 マツリカ

アクセス 沖繩県八重山郡竹富町南風見201-79

電話番号 090-7585-3934

営業時間 10:00~18:00

定休日 金曜日

③シュノーケリング・ダイビング

シュノーケリング

沖縄と言えばシュノーケリング・ダイビングですよね。西表島の冬のダイビングスポットは船浮や崎山などの白浜港沖の西表島の西側。冬だからこそ体験できるコースや景色が見られます。特に冬季は台風がないので海水内の濁度が非常に低くなります。つまり透明度高いということです。海水温度は実は気温より高い23度程度の暖かさ。ですが濡れたまま風にそよがれると寒いです。しかしウェットスーツをきちんと着用すれば、12月のダイビングやシュノーケリングを寒さを忘れ堪能できるでしょう。

④天体観測

星空

西表島はジャングルの近くにありますので空気がキレイです。冬季の西表島は空気が澄んで綺麗なので、遠くの星々を見ることが出来ます。ツアーに参加することでガイドさんに秘密の場所へ連れて行ってもらい、国内で初めて認定された星空保護区の西表島で、国内ではほとんど見ることが出来ない南十字星を眺めてみてはいかがでしょう。

⑤日の出とともに朝から爽快!サンライズSUP

サンライズSUP

12月は日が落ちるのが早く遊び足りないなんてこともありますよね。そんなときはサンライズツアー。西表島に泊まる方だけが体験できる特別なツアーです。

12月の日が短いことは悪いことばかりではありません。日の出が遅いので、夏に比べゆっくりとホテルを出ることが出来ます。朝が弱い方でも大丈夫なのです。西表島から眺める水平線上の先に現れる朝日は心が洗われるはず。今話題沸騰中のSUPを体験するとともに滅多に見ることのできないマリンブル―の海と青白い朝焼けを朝から満喫してみてはいかがでしょう。

さいごに

西表島の12月についてご紹介いたしました。いかがだったでしょうか。

12月はクリスマスと大晦日と2大イベントがありますね。時間もとれることですし、旅行に暖かい南国の西表島で大切な人とゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

冬に海を満喫できるところは国内でも数少ない西表島の特徴です。きっと忘れることのできない日になるのではないでしょうか?

よければ12月の西表島を訪れ、満喫して下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。