現地コラム

COLUMN

西表島5月

2020-10-18 12:08
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

みなさんこんにちは!

西表島の5月はゴールデンウイークから始まり、梅雨入りする目まぐるしいシーズンとなります。

ゴールデンウイークは年間通してもとくに観光客の数が高くなる時期です。そのため、航空券代やホテル代もとても高くなります。ただし、7、8月のように極端に暑い時期はではないので、その過ごしやすさや休みが重なることから選ばれるのでしょう。

本記事では、そんな西表島の5月についてご紹介いたします。

気候

5月の頭は気候が安定していますが、5月下旬からは梅雨入りをするため雨量がとても多くなります。長い間振り続ける雨というよりは、ザーッと一気に降ってカラッと止む、いわゆるスコールと呼ばれるものです。この島には天気がコロコロ変わることが多くなため、雨具の準備は必須です。

①気温

下の表をご覧ください。

最高気温が28度超えであり、前月比較で2〜3度近く上昇しています。本土であれば、かなりの猛暑日ですね。

この時期に訪れると、肌感ですぐに夏を感じることができます。

・西表島の4月の気温

最低気温:20.1度

最高気温:25.1度

平均気温:22.5度

・西表島の5月の気温

最低気温:22.7度

最高気温:28.3度

平均気温:25.2度

(気象庁から引用)

②降水量

下の表をご覧下さい。

梅雨入りすることもあり、前月比較で降雨量が多くなります。

・4月の西表島の月間降雨量

174.6mm

・5月の西表島の月間降雨量

182.1mm

(気象庁から引用)

③風向・風速

・4月の西表島の風速

平均風速:3.9m/s

・5月の西表島の風速

平均風速:3.7m/s

(気象庁から引用)

④日照時間

・4月の西表島の日照時間

121.8h

・5月の西表島の日照時間

170.3h

(気象庁から引用)

5月の服装

平均気温が25℃まで上がるので、半そで長ズボンで過ごすことができます。しかし、日差しが強いので帽子やタオル、日焼け止め等でUV対策はしっかりとしましょう。スコールが降った時のために折り畳み傘を念のために持参することもおすすめします。

混雑状況

西表島の観光業が一年の内で(年が明けてから)最初に賑わう季節といえば、やはりGW(ゴールデンウィーク)です。

しかも今年は10連休!

どこのお店も「準備万端。よっしゃこい10連休っ!!」な気持ちでGWを迎えたことでしょう。

西表島の玄関口である上原港も大原港も、フェリーの到着が近づく頃になるとツアー会社はもちろん、ホテルやペンション、レンタカーの送迎車が押し寄せて大混雑になります。

まさに“The 観光地”といった風景で、夏のシーズンさながらの雰囲気です。

利用可能なアクティビティ

夏らしい気候になり梅雨時期にはいりm、より一層亜熱帯気候色を強めるのが5月の西表島でしたね。

そんな西表島の5月はどんなアクティビティが人気なのでしょうか。

①サガリバナツアー

この時期に来た時にはサガリバナを観ないわけにはいきません。サガリバナとは一夜にして咲き乱れ、日の出が来ることに散りゆく儚くとてもロマンティックなお花です。

サガリバナ

このサガリバナは西表島をはじめとする八重山諸島のマングローブなどの湿地帯に自生する花です。

その名の通り、茎から弁にかけて下方向に咲いているのが印象的です。夕方頃から徐々につぼみが開きはじめ、深夜頃に満開を迎えます。サガリバナの花弁の色は白やピンク、紅色外様ざまでありとても美しいです。花の美しさはさることながら香りもとても魅力的です。バニラのような優しい香りがとても心地よく、日の入りを迎えるころになると花弁がぽつりぽつりと落ちるさまがとても儚くも見惚れるほどの美しさです。

視覚と嗅覚で魅了されること間違いなしです。

そんなサガリバナツアーの楽しみ方は主に下の2つです。

サガリバナを楽しむには2パターンの楽しみ方があります。

①サガリバナが咲き誇る夜ツアーに参加するパターン

②満開のサガリバナが可憐に散りゆく早朝のツアーに参加するパターン

どちらのパターンもとても美しいサガリバナを観ることができます。①の場合はつぼみから徐々に花開くところを観ることができますし、②の場合は最初から満開の花びらが散りゆくところまで観察することができます!

サガリバナ

また、どちらのツアーもカヌーでクルージングしながらサガリバナを見に行くため、ゆったりと揺られながらサガリバナを観察することができるので癒されること間違いなしです!因みにサガリバナの花言葉は「幸運が訪れる」です!ぜひとも大切な方と一緒にサガリバナ観察に行ってたくさん幸運をつかみましょう。きっと一生の思い出になります!

②ジャングルトレッキング

ジャングルトレッキング

西表島だからこそジャングルトレッキングもおすすめです!

南の島であるものの海やビーチだけが人気スポットではありません。川や山もとても人気の高いフィールドです。特に西表島は90%近くが未開拓の地であり、東洋のガラパゴスと称されるほどに自然豊かかつ生物相もとても豊富です。

普段都会で過ごされている方などは非日常を体験出来ること間違いなしです。

生き物たちのさえずりや緑に囲まれた森の中を全身を使って探検する西表島ジャングルトレッキングは最高です。カンムリワシやセマルハコガメ、リュウキュウアカショウビンといった天然記念物に指定される生物たと出会うこともできます。

■カンムリワシ

■ヤシガニ
ヤシガニ

西表島には夜行性の変わった生き物がたくさん生息するため、ヤシガニなどの本土では見ることのできない生き物を観ることもできます。なかなかお目ににかかることのできない出会いがあふれる西表島ジャングルに足を踏み入れてみませんか。

③ヤエヤマヒメボタルツアー

西表島を含む八重山諸島にのみ生息するホタルがいます。

名前をヤエヤマヒメボタルといいます。

本土に生息するゲンジボタルやヘイケボタルよりもかなり小柄で、光り方も長時間光ることはなく点滅するように光ります。一匹いぴきはとてもちいさいですが数万匹が群をなして点滅しながら光る光景は圧巻です!

日没の数時間しか光らないため時間限定というのがまた特別感を演出しますね。シーズンも初夏の1、2か月しか見ることのできないのでヤエヤマヒメボタルツアーの案内が出たら早急に予約しましょう。

とても人気のツアーのため、すぐに予約が埋まってしまうので要チェックです!

さいごに

西表島の5月についてご紹介いたしました。いかがだったでしょうか。

本土で言う本格的な夏と同等なほどのあたたかいシーズンが訪れることとなりました。そのため、アクティビティもとても盛んにおこなわれるのでとても活気溢れます。ただし、ゴールデンウイークのためとても混雑します。早めの予約、十分なUV対策をして楽しい西表島旅をエンジョイしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加