現地コラム

COLUMN

西表島の3月

2020-03-10 04:56

みなさんこんにちは!

 

西表島は国内で最も早く海開きが開かれるんです。

 

海開きは3月に開催されます。

1、2月頃は北風も強く体感温度が低くなるため,

マリンアクティビティの開催は減ります。

 

そのため、この時期からアクティビティも広く行われるようになります。

本記事では西表島の3月をご紹介いたします。

 

気候

冒頭で気候についても少し触れましたが、実際にはどのくらいの気温や降雨量についても確認していきましょう。

 

①気温

下の表をご覧ください。西表島の2月は冬場で気温が低いうえに、北風がとても強いため、体感温度がとても低くなります。晴天であれば、ポカポカと温かい気候ですが、天候がすぐれないときや夜間はとても寒いです。

3月になると、1度近く温かくなり、活動しやすくなります。

西表島の2月の気温 西表島の3月の気温
最低気温:16.7度 最低気温:17.6度
最高気温:21.4 最高気温:22.8度
平均気温:18.9度 平均気温:19.9度

(気象庁から引用)

②降水量

下の表をご覧ください。

西表島の冬場は気候が崩れがちで降雨量も高くなります。そのため2月の降雨量も高くなっています。

一方、3月からは徐々に春らしい気候に切り替わり始めるため、月間の降雨量も下がりあたたかくなります。

とはいえ、まだまだ降雨量は高いので雨具の用意は必須でしょう!

 

・2月の西表島の月間降雨量 ・3月の西表島の月間降雨量
166.0mm 149.2mm

(気象庁から引用)

 

 

③風向・風速

前述したとおり、気候が安定してくるので、風速がとても低くなります。

冬場はマリンアクティビティを行った後の濡れた体が風を浴びることで、より寒く感じますが、この時期になるとあたたかくて風速も下がるのでアクティビティへの参加もしやすくなります!

 

2月の西表島の風速 3月の西表島の風速
平均風速:5.1m/s 平均風速:4.4m/s

(気象庁から引用)

 

 

④日照時間

下の表をご覧ください。

徐々にあたかくなり、晴れた日には本土でいう初夏のような天気になる日もあります。夏に近づくこともあり、日照時間も延びてきます。そのため、より長い時間外で遊ぶようになります。たくさんのアクティビティに挑戦しちゃいましょう!

 

2月の西表島の日照時間 3月の西表島の日照時間
77.0h 95.5h

(気象庁から引用)

 

 

3月の服装

上の気候でご紹介しました。前月の気候に比べてあたたかくなることや、北風も弱まってくることがわかりますね。

そのため、日中の晴れた日はとても暖かく、むしろ暑いと感じる日もあります。

そのため、Tシャツ一枚と短パンでも十分です。

ただし、曇りの日や夜間は冷えることもあるので、長袖Tシャツやアウターが一枚あると良いでしょう。

 

混雑状況

西表島の3月は海開きもあるため、全国から人が集まるようになります。また、春休みの期間もあるため、大学生や家族での旅行でも多く利用されます。

大繁忙期になるのでホテル、航空機、アクティビティのご予約は早めに済ませておくことがよいでしょう。

長期休暇が重なる3月初旬が特に混雑し、下旬になると少しずつ混雑は落ち着くようになります。

 

 

3月の西表島のイベント

①海開き

ビーチ

 

西表島を含む八重山の石垣市・竹富町・与那国町では、毎年国内最速の海開きが行われます!

海開きの日には、ミス八重山の発表や、ビーチサイドではビーチ宝探しやミニサバニ体験などの様々な人気イベントがとりおこなわれます!

 

②サニズ

サニズとは女性は海水に手足を浸して身を清め、健康を祈願する行事です。

旧暦3月3日に行われており、干潮にあわせて浜へ降りて潮干狩りを楽しみます。

 

 

③アカハチ慰霊祭

アカハチ慰霊祭は、英雄オヤケ・アカハチを偲んで遺徳を再確認しようと、大浜の崎原公園に建立された慰霊碑を前に行われる慰霊祭です。オヤケ・アカハチは島民解放のために先頭に立って権力と立ち向かった島民の英雄として知られます。

 

 

利用可能なアクティビティ

①SUP

海開きもあるように、マリンアクティビティが盛んに開催されようになります。中でも、近年の新定番ともいえるSUPがおすすめです!

 

SUP

 

SUPはボードに乗りパドルで水面を前進するマリンアクティビティです。特に西表島でのSUPは海で行うものだけでなく、マングローブ林の群落に囲まれた環境でのマングローブSUPがあります。

 

SUP

 

また、午前、午後とあれば、半日ツアー、1日ツアーといった環境や時間によって多様度の高いSUP体験ができます!

 

SUPが全世界で流行している人気の理由はたくさんありますが、その中の一つに乗りやすさがあります。

サーフボードよりも大きくて安定さが高く、パドリングすると小回りも聞く操作性の高さも人気になる理由となっています。

その操作性の高さから、お子さまや初心者の方であっても、すぐにボードに立って余裕を持って乗りこなすことができます!水辺であれば、フィールドを選ばずに楽しむことができます。

このほかに人気な理由として、フィットネス効果の高さもあります。ボードの上でバランスを取るということで体幹を鍛えることになります。パドルで漕ぐ時には腕から肩、腰といった全身の筋肉を使ってアクティビティを行うことになります。ハードなスポーツではないので、あくまで楽しみながらできるのがポイントです!

 

 

②カヌー

 

カヌークルージング

 

カヌーもまた、マリンアクティビティとしてとても人気があります。

西表島のカヌーツアーでは、上で紹介したようなジャングルに囲まれた環境でのクルージングの他に、海上でのクルージングも楽しむことができます。

マングローブ林の中を進んでいくクルージングは、自然の偉大さを感じることができ、さらに動植物のさえずりや自然の音がとても心地よいです。

マングローブは塩分によって群生している種類が異なります。マングローブクルージングのコースは海から入って川へと入っていくので、マングローブの種類を見かけることができるので観察してみてみましょう!ガイドさんも一緒に行くため、マングローブについての解説も聞くことができます。

疲れた時はパドルをボードに置いて、ゆったりと波に身を任せて楽しむこともできます。

 

③シュノーケリング

 

シュノーケリング

 

西表島は海がとても透明度が高くサンゴ礁がとても広がっており、生物多様性がとても高いです。

西表島は未開拓なビーチやシュノーケリングスポットが沢山あるので、シュノーケリング楽しむにはおすすめの島です!

特に、西表島の中でも有名な星砂ビーチでは100種類を超える色とりどりの魚たちが泳いでおり、国内屈指の人気なシュノーケリングスポットです!

また、星の砂ビーチのおすすめポイントは、星の形をした砂が落ちている点です。

記念に持っていくのも定番ですよ!

 

シュノーケリングには、ボートシュノーケルもおすすめ!

ボートシュノーケリングでいくことができるのは、『奇跡の島』と称されるバラス島シュノーケリングや、『鳩間ブルー』が素敵な鳩間島もおすすめです。

バラス島は島全体がサンゴ礁だけでできており、特定の時間帯しか顔を出さないいことが特徴であり、まさに奇跡の島なんです。

是非、シュノーケリングを楽しみましょう!

 

さいごに

西表島の3月ついてご紹介いたしました。いかがだったでしょうか。

北風の強い西表島の冬が抜けて、徐々にあたたかくなり北風も弱くなる過ごしやすい月であることがわかりましたね。

海開きもあるので、マリンアクティビティも盛んに行われるようになるので参加してみるのも楽しみ方の一つです。

3月初旬は春休みのため混雑が予想されるので中旬〜下旬だとあたたかくて自由度の高いた日になるでしょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。