現地コラム

COLUMN

由布島

2020-10-20 02:12

由布島

みなさんこんにちは!由布島ご存知でしょうか。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、由布島はNo.1観光地としても知られます。水牛で海を渡る光景は圧巻です。また、亜熱帯の特有の気候から由布島にしか生息しない生き物も多々あります。

本記事では、そんな魅力ある由布島についてご紹介します。

由布島ってどんなところ?

水牛車

由布島は八重山列島の一つであり、周囲が2.15キロメートルと比較的小さな島です。そのため、1周ゆっくり歩いても1時間ほどで回れる手軽な観光地です。人口も十数人しか住まわれていない数える島なのです。ただし、その亜熱帯特有な環境から変わった動植物が多々生息・生育しています。

由布島には他にも大きな特徴があります。その一つが西表島の与那良川から流れ来た砂でできた島である点です。驚きですよね。地殻変動で海山が隆起したわけでもなく、他の大陸から分離したわけでもなく西表島から流れた砂でできているとは。。

そんな驚き満載のNo.1観光地の由布島へのアクセスは、西表島から水牛車にて30分ほどで到着します。水牛車で渡れる通り、西表島から海流によって堆積して出来た砂からなる由布島は海を挟んで西表島すぐ近くにあります。

水牛

そんな由布島は、かつて竹富島や黒島から人々が移り住んでおり、多くの人々で賑わっていました。しかし、1996年巨大台風により由布島は壊滅的な被害を受けてしまい、多くの死傷者を出しました。生存された方の多くも西表島へと移り住んで行ってしまいました。島の人々が減少していく中でも西表正治おじい夫婦は島に残って、再び島に人々が戻ってくるを願い、亜熱帯の植物を植え続けたそうです。

西表正治おじい夫婦の懸命な想いからか、現在ではNo.1観光スポットとさえ言われるようになり、由布島全体が亜熱帯植物となっており、様々な動物・植物を見ることができるようになりました。

観光スポット

由布島はNo.1観光地といわれるほどの島です。そのため、一時間で周遊できるほどの小さい島ですが観光名所は多々あります。そんなNo.1観光スポットをみていきましょう。

①水牛の池

まずは、水牛の池です。由布島には多くの水牛が飼われています。由布島へ行くまでには水牛車で行かれると思います。水牛車の待合所の近くに「水牛の池」はあります。そのため、由布島について最初に目にする観光スポットであることは間違いありません。

水牛の池では、水牛車曳く水牛たちが休憩をするための場所です。砂の上でごろりと寝転んでいたり見ることもあります。個体ごとに個性があり、とても人懐っこいのでとてもかわいらしいです。また、生まれての水牛の赤ちゃんも水牛の池ににつながれるため、運が良ければとっても可愛らしい赤ちゃん水牛を見ることもできます!由布島到着してら、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

②蝶々園

蝶々園は、沖縄名名物オオゴマダラを観ることのできる園です。オオゴマダラは、沖縄県八重山諸島に分布する日本最大級の蝶です。

ここ由布島では、八重山諸島の中でもオオゴマダラの繁殖が最も盛んに行われていることで有名です。因みにオオゴマダラのさなぎは黄金色に輝くとされており、直で見ると神秘的なその姿に感動します。

オオゴマダラの繁殖が盛んな由布島では、オオゴマダラのサナギを1年中見ることができます!

黄金に輝く姿をひとたび見ると虜になること街が無しですよ。ぜひとも足をお運び下さい。

③貝の館

貝の居館は、西表島金貨に生息する貝の他に深海に生息する種を展示しているミュージアムです。

館内は海をイメージされており、流木や貝殻などの装飾があり、由布島・西表島の豊かな海を表現しています。いろんな種類の貝の展示があるため、貝マニアの方からお子さん連れのファミリー層にも人気があります。

また、貝の居館は、由布島の中も最も新しく作られた観光スポットであり、とてもきれいなたたずまいをしています。

由布島へのアクセスは?

由布島のグルメ

①由布島茶屋

由布島茶屋は、マンタのモニュメントが近くにあるお茶屋さんです。マンタのモニュメントがある理由は、近くのヨナラ水道という海峡にマンタがしばしば出現するためです。

由布島は西表島だけでなく、石垣島、黒島、小浜島からも近く、その八重山諸島の島々を一望できるビーチを有します。その由布島と小浜島との間には先ほどご紹介したヨナラ水道という海峡があります。マンタが多く遊泳していることから「マンタの通り道」と称され、人気のダイビングスポットとしても有名です。

スポットともなっています。その為別名「マンタの通り道」とも呼ばれています。

そんなマンタが多くみられる海の近くにある由布島茶屋では、お茶やデザートを頂くことができるので、由布島を周回した後に一息つくのに最適なお店です。

ぜひ、由布島観光の合間に足を運んでみて下さいね。

①ピナイサーラ滝&由布島コース

まず、ご紹介するのは沖縄随一の落差を誇るピナイサーラの滝巡りと由布島を観光するプランです!

西表島のヒルギ林が多く生育するジャングルの中をカヌーで片道約40分漕ぎ進めた後は、ピナイサーラの滝の滝上に向かって片道約50分のトラッキングです!少々体力を要しますが、滝上から見た景色はまさに絶景です。バラス島、鳩間島、鳩離島を一望することができます!

ピナイサーラの滝

絶景を観ながらのランチを終えると、滝下へと下り、滝壺での水遊びです。マイナスイオンたっぷりのピナイサーラの滝では、その轟音とともに落ちる落水としぶきがストレス解消になること間違いなしです。

ピナイサーラの滝を存分に堪能したら由布島観光えと出かけます。水牛車に揺られながら美しい景色を眺めているとついついうとうとしちゃいます。水牛車に乗っている間は、運転手のおじぃが三味線を弾きながら民謡を唄ってくれます。沖縄らしいゆったりとした時間を体感することができます。

②サンガラの滝&由布島観光ツアー

お次にご紹介するのがサンガラの滝&由布島観光ツアーです!
先ほどから十分にご紹介させていただいているので、こちらではサンガラの滝についてご紹介させていただきます。

サンガラの滝は、短時間でカヌー・トレッキング・滝つぼ遊びが一度に体験できることで密かに人気沸騰中の滝です!

サンガラの滝

マングローブ林をカヌーで約一時間かけて漕ぎ進めると、サンガラの滝は姿を現します。西表島は滝が多く存在することで有名ですが、サンガラの滝は他の滝とは異なり、滝の裏側に入ることが出来るんです!表と裏で違う顔をみせるまるで人間のような滝です笑また、サンガラの滝は滝幅が約30mにも及び、水量が多いことも有名です。

滝壺への飛び込みもできるので度胸試しにもちょうどいいかもしれません。大自然に囲まれて、マイナスイオンを浴びながらの水遊びは最高の贅沢になること間違いなしです!

さいごに

由布島についてご紹介しました。いかがだったでしょうか。

西表島から水牛で海jを渡るのは風情があり、沖縄らしいスローな時間を味わえるのでとてもオススメです。また、由布島が西表島の川から流れた砂でできた島だったとは驚きですね。また、ある夫婦によってあんなにも自然が豊かになったとは思いもしないほどの大自然ですね。

そんな八重山のNo.1観光スポットでスローライフを過ごしてみませんか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。