現地コラム

COLUMN

西表島で水牛乗車体験!水牛車で海を渡り由布島へ!

2021-01-13 03:00

西表島で水牛体験!

水牛
西表島は日本の南西部にある離島で、八重山列島にある島です。
西表島は石垣島からフェリーで行くことができ、時間にして約45分かかります。
ですので、石垣島に比べると観光客が少なく、穴場スポットです。
総面積は289.62㎢、周囲は130km、人口は2020年3月時点で2,407名であり、面積は沖縄県内では沖縄本島についで二番目に大きい島になります。
西表島にはイリオモテヤマネコやマングローブなど、この島ならではの生き物や植物が存在し、魅力満載な島です。
今回は、観光プランとしても定番となっている水牛体験をはじめとした、さまざまな魅力をご紹介したいと思います。

西表島から水牛車で海を渡り由布島へ

水牛
西表島では水牛車に乗り、海を渡るというサービスが提供されています。
水牛乗り場から「旅人の駅」という場所でチケットを購入し、水牛と共に海を渡るのです。
由布島は西表島から400mほどの距離にあり、満潮時でも水深は約1mのため沈むことはありません。
水牛自体も生後間も無く調教が開始され、人間にも慣れているため安心です。
水牛は非常にゆっくりとしたペースで動き出し、透き通った海風を感じさせてくれます。
日頃の疲労やストレスも海風とともに吹き飛ばしてくれるでしょう。

由布島への行き方

由布島入口

由布島への行き方をご紹介しましょう。
由布島へは石垣島から向かうことができます。
石垣島は離島の本拠地とも言われ、沖縄県のほとんどの離島へは石垣島から行くことができるターミナルとなっているのです。
石垣島のフェリー乗り場には具志堅用高の像もあり、一つの観光地となっています。
沖縄の離島では観光客数もトップクラスで、宿泊施設や飲食店も非常に多く存在しているため、おすすめです。

石垣島から高速フェリーで西表島大原港へ

まずは、石垣島のフェリー乗り場から西表島の大原港までいきましょう。
このルートは1日で8〜10本の運行があり、45分程度で到着します。
注意していただきたいのが、この45分は船酔いが激しい方には少し辛いかもしれません。
高速フェリーでスピードも速いので、揺れを強く感じる場合があります。
心配な方は、酔い止めを事前に購入しておきましょう。
お値段は片道で大人が1,600円、小人が810円です。

西表島から水牛車で由布島へ

由布島の入り口
西表島に到着されましたら、フェリー乗り場から水牛車のある「旅人の駅」まで行きます。
この間、車で約30分となるでしょう。
バスはありますが、レンタカーもありますので、他の観光もしたいという方はレンタカーがお勧めです。
軽自動車であれば、24時間/約5,000円で借りることができます。
「旅人の駅」につきましたら、チケットを購入し、水牛車で由布島へ行きましょう。
水牛車は、9時以降15分と45分に30分おきで出発します。
1時間に2本ですので、計画的に行動しましょう。
水牛車から由布島までは往復で大人が1,720円、小人が860円で、幼児は無料です。
水牛車にたどり着くまでは、船や車を使うため、移動の間にも観光の計画を立てて、楽しみましょう!
水牛車に揺られて海を渡る至福のひとときを、体全体で感じてください。

由布島観光(往復水牛車付き)セットのプランを紹介!

由布島を観光するには、いくつかのセットプランがあります。
どれも魅力的なので、全て体験したい!という方は連泊を検討してください。
ここでは、人気の3つのプランを紹介しますので、気になるものはぜひ検討してみてください。
大自然を満喫しましょう!

 

キャニオニング×由布島観光

西表島 キャニオニング

キャニオニングとは沢下りのことで、ヘルメットやライフジャケットを装着して川を下り、岩を登り、時には滝からダイブもします。
スリル満点なので、少年少女時代に戻れるかのような体験ができるでしょう。
西表島の大自然を最大限に満喫することができ、ストレスも吹き飛ぶ気分爽快プランです

キャニオニングは午前中で終了し、その後ランチタイムを経て、由布島へ向かいます。
午前中とはうって変わり、水牛車に揺られながらゆっくりとした時間を体験してください。
由布島を観光した後は、ホテルへ戻ります。
到着時刻は、おおよそ16時半頃なので、その後の観光も楽しめるでしょう。
美味しいご飯などを探索するのも良いですね。
キャニオニングプランの料金は大人(10歳以上)が12,000円、小人(6歳〜9歳)が11,000円、幼児(3歳〜5歳)が6,000円になります。
日頃の疲れやストレスを吹き飛ばしたい方には、おすすめのプランです。

 

マングローブSUP/カヌー×由布島観光

SUP
SUPとは、スタンドアップパドルサーフィンの略称で「サップ」と呼ばれます。
SUPは、ボードの上に立ってパドルを漕いで進むアクティビティです。
分厚くて幅があり、長いサーフボードを使用するため、安定性に優れており、こける心配もありません。
西表島でのSUPは非常に魅力的で、カラフルなサンゴ礁の上やマングローブ林の中の川を進み、陸では行けないところにも進むことができます。
ワクワクが止まらない、冒険家になったような気分が味わえ、まさにここでしか体験できないSUPになるでしょう。
二人で一緒のボードに乗ることもできるので、カップルでの参加も楽しめるでしょう。
また、近頃では年配の方の参加も見受けられ、幅広い年齢層の方にご参加していただけるプランです。
ちなみにボードの上に立っているのが怖い方や疲労の心配がある方は、カヌーでの参加もできますので非常に安心です。
マングローブカヌー
パドルをおいてカヌーに寝そべることもできますので、体力に自信のない方も挑戦しやすいでしょう。
力を使う必要なく進むことができるため、女性や高齢者にも人気です。
サーフボードやカヌーといった備品は全て無料でレンタルしているため、手ぶらで参加できます。
また、初心者でも簡単にできるようなレクチャーも実施してくれます。
川の流れも穏やかなので、日本一のマングローブ林をゆっくりと進んで行ってください。
その景色は絶景で、一生忘れない思い出になること間違いなしです。
緑が広がり、幻想的な景色に癒されたい方にお勧めです!
料金は大人(10歳以上)が12,000円、小人(6歳〜9歳)が11,000円、幼児(3歳〜5歳)が6,000円になります。

 

バラス島シュノーケリング×由布島観光

バラス島
最後はバラス島でのシュノーケリングが楽しめるプランです。
バラス島とは、西表島から船で10分くらいの場所にある小さな島で、地図上には存在しない「幻の島」。
地図上に存在しないというのは、干潮の時のみに出現するレアな島であることからそう言われており、
ツアーに参加しないと島に行けません。
また、バラス島周辺にはサンゴ礁が広がり、色鮮やかな熱帯魚だけでなく、運がよければウミガメにも遭遇できます。
バラス島シュノーケリング
ダイビング、シュノーケリングはもちろんのこと、広大な海に沈む夕日を眺めることもでき、まさに楽園です。
そんな幻の島「バラス島」はCMや結婚式ムービーの撮影地になり、芸能人もお忍びでくるほど、ロマンチックで非現実的な世界を体感させてくれます。
美しい海と魚、真っ白い砂浜、赤く染まった夕日は、プロポーズや告白には最適です。
射止めたいお相手がおられる方や、非現実を味わいたい方はぜひ行ってみてください。
このツアーの料金は、大人(10歳以上)が12,000円、小人(6歳〜9歳)が11,000円、幼児(3歳〜5歳)が6,000円になります。

 

まとめ

沖縄には、数多くの離島が存在します。
それぞれの離島に特色があり、非常に魅力的ですが、西表島と由布島は特にあなたを魅了してくれるでしょう。
西表島や由布島は、他の島に比べて穴場であるため、絶景を独り占めできるかもしれません!
また、沖縄の夜の星は、まるで海外に来たかのような美しさです。
沖縄でのひとときは、朝から夜まであなたを惹きつけること間違いないでしょう。
ぜひ一度、西表島、由布島を訪れてみてはいかがでしょうか?