現地コラム

COLUMN

鳩間島へアクセスするにはフェリーを利用しよう!

2021-01-13 03:40

「瑠璃の島」こと鳩間島

鳩間港
2005年に日本テレビ系列で放送された、「瑠璃の島」というドラマをご存知でしょうか。
瑠璃の島は、親に捨てられて施設で育った孤児の少女が沖縄県八重山諸島の孤島に里子として引き取られ、そこでさまざまな人や出来事と接しながら成長を遂げていくというストーリーのドラマです。
心温まるストーリー内容と共に、このドラマでは舞台となった島の美しい海や自然に注目が集まりました。
そのロケ地となったのが、今回ご紹介させていただく鳩間島です。
鳩間島は、沖縄本島から南西に440kmほどの位置にある西表島からさらに約5km北の地点にあります。
鳩間島は、八重山諸島の中では面積が最小の有人島であり、住んでいる人の数は約50人という小さな規模となっています。
そんな鳩間島ですが、この記事を読んでいる方の中には鳩間島のことを知らなかったという方も多いのではないしょうか。
沖縄には本島以外にも石垣島や西表島、宮古島といった観光地として有名な離島が数ある中、鳩間島は比較的マイナーな島だと言えるかもしれません。
それもそのはずで、鳩間島はまだ観光地化されておらず、観光地としてはどちらかと言えば「知る人ぞ知る」といった部類の島なのです。
とはいえあくまで観光地化されていないというだけで、鳩間島は観光に足を運びたくなるたくさんの魅力を秘めた島です。
鳩間島の海
鳩間島の一番の魅力は鳩間ブルーと称されるその青い海。
沖縄には美しい海や浜辺がさまざまな島に点在していますが、鳩間島の海と浜辺はその中でも特に本来の沖縄の海を味わうことができる場所だと言えます。
沖縄各地の観光スポットとして有名な浜辺は人の手が入ることで美しく整えられたものが多くなっています。
観光スポットとして整備された浜辺はアクセス性、景観、安全性を含めた遊びやすさが良いバランスで揃っており、十分に沖縄の海を楽しむことができるでしょう。
しかし、より踏み込んで沖縄本来の海を知りたいのであれば、鳩間島へと足を延ばしてみることをおすすめします。
屋良浜
鳩間島にいくつかある浜辺にはあまり人の手が加えられておらず、監視員などもいないことからまるでプライベートビーチのような静かな景観を楽しむことができます。
もちろん浜辺だけでなく、鳩間ブルーの海も抜けるような美しさです。
住民が少なく、観光客が大挙して押し寄せるようなこともないため、人波がサンゴの海を荒らしてしまっているというようなこともありません。
そのため鳩間島の海は現在に至るまで素朴な景観を保ち続けており、非常に価値が高いものとなっています。
2005年に「瑠璃の島」が放送された折にドラマの主題歌として、アーティストのコブクロが「ここにしか咲かない花」という有名な歌をリリースしました。
この歌はドラマ同様に鳩間島をモチーフとしており、コブクロが実際に島を訪れることで作曲されたそうです。
単なるタイアップ曲でなく今でも人気を博している美しい歌が生まれたのは、環境も文化も沖縄元来の雰囲気を保ち続けている鳩間島だからこそと言えるかもしれません。
さて、そんな鳩間島が隠れた観光名所として優れている点は景観だけではありません。
那覇のある沖縄本島よりも遥か南西に430kmと少しの位置にある鳩間島の気候帯は、本土とは異なる亜熱帯海洋性気候となっています。
ハイビスカス
そのため年間を通して非常に温暖で、1月などの真冬の時期でも多くの日で20℃以上の最高気温をマークします。
これは本土で言えば晩夏を過ぎた秋口頃の気温で、夏の熱をかすかに残しながらも涼しさが風に混ざり始める、年の中でもとりわけ過ごしやすい季節の気温。
服装としては本来なら真冬の時期でも半袖で過ごすことができるほどで、念のためにカーディガンなど薄手の上着を1着持ち歩いていれば基本的に困ることはないはずです。
上でご紹介させていただいた島の面積も鳩間島の観光しやすさを助長している点であり、なんと島への到着後は観光するための移動手段が必要ありません。
鳩間島の道路
外周3.9kmを徒歩でぐるりと巡っても2時間とかからず、島内の観光スポットへも徒歩で容易にアクセスすることができるのです。
徒歩での移動は少し面倒だという方にはレンタサイクルもあるので、利用を検討してみるのもいいでしょう。
また、鳩間島に住まわれている方は50人ほどなため島内に都市と呼べるほどの市街はありません。
しかし、島を訪れる人向けの民宿などは備えられているため、海でのアクティビティや景観を楽しむことを目的とした旅行であればそれほど不自由はしないかと思います。

鳩間島へのアクセス方法

鳩間港
そんな鳩間島には空港が存在せず、本土の各主要都市から直行便でアクセスするということはできません。
そのため、他の島からフェリーで向かう必要があります。
どのように鳩間島へアクセスすることができるのかご紹介します。

空港はない!石垣島からフェリーでアクセス

石垣島離島ターミナル
鳩間島へ訪れるためには同じ八重山諸島で最大規模の島である石垣島へと空の便で行き、そこから石垣港離島ターミナルという港へ移動します。
石垣港離島ターミナルから鳩間島へと向けた高速フェリーは午前と午後の1日2便出ています。
石垣島への到着時刻や石垣島内の観光の予定と相談しながらどちらの便で向かうかを決めると良いでしょう。
料金は大人が片道で2,090円、往復だと3,970円となっています。

西表島からのフェリー便も

上原港
また、別の経路としては西表島からフェリーで向かうことも可能です。
石垣島から鳩間島への便のうち1本が西表島の北部にある上原港を経由しますので、場合によってはこちらの利用を検討しても良いでしょう。
ただ、西表島へと向かう際も石垣島からのフェリー利用が前提となります。
そのため、こちらの経路は基本的には西表島観光と兼ねた旅行プランを組んでいる場合におすすめです。

鳩間島へフェリーで行く際の注意点

鳩間島へと向かう船についての注意点として、時期によってはかなり揺れやすいという点が挙げられます。
特に夏場は揺れが強くなる傾向があり、もちろん転覆の心配などはありませんが、揺れる船が苦手だという方は気構えをしておく必要があるでしょう。

酔いやすい人は酔い止め必須!

鳩間島への航路は直行便であれば45~50分、西表島の上原港を経由する便であれば70分が目安の船旅となっています。
長い時間船に乗ることになりますので、元々酔いやすいという方は酔い止めを持参しておくと良いでしょう。
島へと向かう時だけでなく島から帰る際も船に乗る必要があり、島の中には薬などを買える商店がありません。
帰路で大変な思いをしないためにも、普段は船酔いしないという方も念のために薬を持参しておいてもいいかもしれませんね。

欠航になる可能性あり!

注意しなければいけない点として、鳩間島への海は荒れる場合があるという点が挙げられます。
特に夏場の台風です。
鳩間島はその立地上、本土に比べて台風が直撃しやすいという難点があります。
離島への船は海が荒れている際は安全性を考慮して欠航となる可能性があり、特に鳩間島への航路は欠航率が高めとなっているため、事前に現地の天候はよく確かめておきましょう。

急な天候の変化に注意

また、鳩間島をはじめとした南国の天気はかなり変わりやすいものとなっています。
天気が良かったはずなのに急な雨が降り始めるといったこともあるため、短い時間おきに適宜予報はチェックしておきましょう。

まとめ

鳩間島の概要と鳩間島への行き方についてご紹介させていただきましたが、いかがだったでしょうか。
知名度という点ではそこまで高くない鳩間島ですが、他の島にはない数多くの魅力がある島です。
年間を通して温暖な気候のため、南国旅行のハイシーズンである夏だけでなく、いつの季節であっても快適に観光をすることができます。
離島の穏やかな空気に癒されたいのであれば、ぜひ鳩間島へ行くことをおすすめします。